新規更新

新規更新情報 平成29年11月11日・・・目次追加
       平成29年11月19日・・・RSS & Feedly追加

【育児のコツ】自分自身で過去の自分を労う


 おはようございます。今日は「自分自身で過去の自分を労う」という題名で記事を書こうと思います。今回の記事については、育児に限った事ではなくて生活全般かもしれません。ですが、人生の大仕事の一つである「育児」にこのコツを加えると、リフレッシュの度合いが全然違い、また子供の為に頑張ろうと思う事が出来るので、あえて【育児のコツ】とさせていただきました。それでは、よろしくお願いいたします。

☆過去に頑張ったから今がある

 日々の生活で忘れがちな事ですが、今の自分の環境、状態は過去の自分が一所懸命に頑張った結果であると言えないでしょうか。その過去の自分を背中に背負って今があると感じます。育児においても「子供の世話を一所懸命に行い、ようやっとここまで来ることが出来た。」と言えます。まずは、この事を思い出す事が大切です。

☆頑張り度合いは自分が一番知っている

 どれだけ頑張ったか、どれだけ出来たかというのは、自分自身が一番知っています。人が誰も見ていなくても、自分自身が見ている訳です。なので、今がどんな状態でも、自分が行った事、頑張った事を評価する事が大事です。よく文句を言う人は、その前後のプロセスが抜けている事が多いです。若しくは、その人が行った事を「こうだ!」と思い込んで間違いを含む情報で勝手に判断しています。一番見ているのは自分自身ですので、色々と言われても自分の判断・評価を優先させるべきです。人に理解して貰えなければ、それはそれで仕方ないと思います。

☆子供が今日まで育ったのは有難い事

 ニュースを見ていると悲しい事件が日々起こっています。特に、子供が巻き込まれて悲惨な結末を迎える事件は、見ていて辛いものがあります。そう思うと、今、自分の子供が生きているだけで有難いと思います。ここまで来れた自分の頑張りにも有難いと思っても良いのではないでしょうか。

☆自分を労おう

 ここからが本題です。今まで来れた自分自身に対して、過去の自分に対して普段「労う」事ってあんまり無いと思いませんか?私もつい最近まで忘れていましたが、思い出して行ってみると、気持ちがスッキリと整理整頓されるのが解りました。

☆効果①

自分を労うとどういう効果があるのでしょうか?上に書いたように、気持ちの整理整頓が出来ます。そうすると、何やらモヤモヤしたストレスが軽くなって行きます。で、また頑張ろうという気持ちが湧いてきます。

☆効果②

上記の、気持ちをすっきりと纏める効果は、何故かはわかりませんがストレスを軽減する効果があります。ですので、派生効果として疲労回復や病気予防の効果があると考えられます。育児も長期戦ですし、労うのに何も追加で用意するものもありませんので、非常にお勧めの方法です。

☆結果は結果なので、あまり気にしない事

 もう一つ、自分を労うのに大事な事は、頑張った結果に囚われ過ぎない事だと思います。「駄目だったどうしよう」と思いますと思いすぎますと、逆に労う気持ちが減ってしまいます。とにかく、自分の頑張った事だけを褒めてあげると良いと思います。

以上です。私自身これを行う様になって、前より少しずつですが育児が楽になってきているような気がします。少しでも参考になれば幸いです。


<目次>

当ブログの全てのカテゴリーの記事を探せます。 

<その他お勧め記事>

【育児のコツ】子供の日々の成長を楽しむ
子供の成長は早いですよね。その時々で楽しみましょう。

【育児のコツ】子供にイライラをぶつけたくなったら試す7つの方法
難しいですけど、イライラした時に子供になるべく当たらないようにするコツ。

【育児のコツ】たまには軽いウオーキングを
やはり運動が大事です。ストレス発散しましょう。

【育児のコツ】短い隙間時間でリフレッシュする7つの方法
時間の無い中での、育児ストレスの発散方法です。

【育児のコツ】子供と一緒に先祖供養をする 
子供の思いやりを育てましょう。

【育児のコツ】自分が死んだあと、子供に何を残せるか。 
色々考える事があります。


0 件のコメント:

コメントを投稿