新規更新

新規更新情報 平成29年11月11日・・・目次追加
       平成29年11月19日・・・RSS & Feedly追加

【子供に伝えたい言葉】お天道様が見ている


 おはようございます。今日は、【子供に伝えたい言葉】シリーズで「お天道様が見ている」という題名の記事を書こうと思います。アメリカのドル紙幣には、「プロヴィデンスの目」が描かれており、全てを見通す神の目としての意味があります。それと同様の意味の言葉が日本には昔から存在したわけです。以下に、それらについて説明していきます。

☆今は殆ど使われない昔の言葉

 「お天道様が見ている」という言葉は、昔、江戸時代位まで頻繁に使われ、それ以後はあまり使われなくなりました。今は「お天道様~」という言葉自体、知らない方も見えるかもしれません。ですが、漢方学的に見た場合、何気に真理を突いた言葉だという事に気付かされます。

☆お天道様とは?

 さて、そもそも「お天道様」というのは何でしょうか。辞書やネットで調べてみると、「太陽」「全てを見通す超自然的存在」等の意味があるとなっています。恐らく、民間信仰の類から生まれたものだと思われますが、太陽という事なので、その奥底には恐らく「天照大御神」の存在があると考察されます。
 

☆陰陽五行説での話

 少し話を変えまして、陰陽五行説から、「お天道様」を探っていこうと思います。お「天道」様という名にポイントがあります。陰陽五行説では「天=陽」「道=陰」となり、身体でそれを表現すると、それぞれ「陽=心」「陰=腎」となります。それらが完璧に働いた状態を「心腎交通」といい、漢方治療の最終目標となります。この状態を保つ事は、実は「悟り」と言い替える事が出来ます。

☆鏡

 これは、ある漢方の本に書いてあった事ですが、鏡の語源は「神が我を見る」という事だそうです。神話にて天照大御神も、鏡を瓊瓊杵尊に下賜しています

☆行動選択の基準として

 ここまでの見出しで、「お天道様」について考察が出来ました。この「お天道様が見ている」と思う事で、日々の行動が変わってきます。具体的には、良心に基づく行動が出来るようになります。そうすると、自分の人生がより良い方向に変わってきます。

☆良心に恥じない行動

 上の見出しの続きです。「お天道様が見ている」という事を念頭に置いて生活するという事は、言い換えますと良心に恥じない行動をするという事になります。一日での違いはわずかですが、積み重なると、その差は歴然です。ですので、この言葉は忘れてはならない、これからの未来へ残しておきたい言葉だと私は思っています。

以上です。少しでも参考になれば幸いです。


<目次>

当ブログの全てのカテゴリーの記事を探せます。

<その他お勧め記事>

【育児のコツ】絵本を無料で手に入れる5つの方法
意外と絵本を無料で手に入れる方法はあるものです。

【育児のコツ】思わぬ子供の玩具3選
子供の想像力というのは凄いもので、大人の考えつかない遊び方をします。

【育児のコツ】ピアノ絵本はお勧めです。 
予想以上に使えます。

【育児のヒント】お勧め絵本5選と絵本の良し悪しの判断基準 
オススメ絵本、ご紹介します。

0 件のコメント:

コメントを投稿